ホテルのアルバイトで感動を経験する

ホテルのアルバイトで感動を経験する

ホテルでのバイトをやっていた時に、いろいろなトラブルもありましたが、一番印象に残っている感動の出来事は結婚式での出来事でした。わたしは結婚式の披露宴を担当しているボーイのアルバイトをしていたのもあり、結婚式の準備に追われていました。実際にホテルでの結婚式というのは、力を入れているホテルも多いので競争が激しいのがブライダルキャンペーンでした。そしてセッティングから食事を運んだりお酒を提供したりと色々な仕事が始まるのですが、結婚式が始まってからサプライズの演出で、新郎新婦が50代で初婚だったものもあり、とても珍しい結婚披露宴となったのです。

サプライズだったのは新婦のお世話になっていた、音信不通だった昔の恩師が登場したのですが、その恩師は95歳を超えてまだ元気に話すことが出来る人だったのです。元軍人上がりの階級の高い人だったのですが、戦後は大学の教授となった人物で、過去に大学で授業をやっていたとわかるくらいハッキリとした口調と、話ぶりにとても95歳とは思えなかったのです。そして話を聞きながら新婦が感極まって号泣してしまい、とても泣かせる演出の結婚披露宴でした。

ホテルのアルバイトで、そういった人間的な感動にあうと、とても仕事のやりがいを感じたのもあり、わたしはそのまま専門学校を卒業後にアルバイトから正社員へとなったのです。今でも、結婚披露宴というのは感動の連続で、近年は年齢のせいか感動で泣けてくることも多くなりました。